親睦旅行記③
2月に入り、風が無く、比較的穏やかな日が続いておりますが、皆様方におかれましては、お元気にご活躍中のことと存じます。インフルエンザが流行期を迎えているようで、学校によっては学年閉鎖・学級閉鎖というところも出ております。感染予防のために、うがい・手洗い、必要によりマスクの着用を励行しましょう。

それでは、お待ちかねの親睦旅行記の続き(最終日)を書きたいと思います。お待たせして申し訳ありません。

3日目:
 朝8時00分にホテルを出発。遅刻者が出ないか心配をしましたが、
 定刻に全員が集合しました。

 ○被災地研修(石巻市市街沿岸部)
    今回の研修旅行の最大の目的である、東日本大震災の被災地を
   見学しました。震災から4年半以上が経過しているにも関わらず、
   まだまだ被災当時のままの建物も多く、復興途中であるという
   ことを改めて感じました。語り部さんにバスに乗り込んでいた
   だき、ご説明を受けながらバスにて移動しました。
    自分たちが乗るバスが走っているこの場所で、津波に遭い、
   尊い命を落とされた方が沢山おられる、ということを思うと、
   涙があふれて来ました。

   H27.11親睦旅行⑬.jpg
   H27.11親睦旅行⑭.jpg
   H27.11親睦旅行⑮.jpg

    ホテルから石巻に移動する途中、又、被災地を見学している
   最中にみんなの携帯電話が頻繁になりました。地震!?とひやっと
   しましたが、丁度、その日は総合防災訓練「市内一斉 地震・
   津波避難訓練」の日となっており、その一環として、地域内にある
   携帯電話に災害情報メールを送信する、ということをしていました。
   もしもの事態が起きた時、すぐに行動が取れるようにしておくこと
   の重要性を改めて認識しました。
      H27.11親睦旅行⑲.jpg   

   門脇小学校です。震災後、校内にいた生徒は裏山に逃げて、全員
   無事だったそうです。敷地内の先生・保護者等の車の漏れ出した
   ガソリンに引火して、火災が発生、3日間燃え続けたそうです。
     H27.11親睦旅行⑯.jpg


 ○海鮮ずし
   お昼は、石巻市にて、海鮮ずしをいただきました。
   ボリュームたっぷりでみんな満腹。
       H27.11親睦旅行⑱.jpg

 ○松島海岸・五大堂
   天橋立、宮島に並ぶ日本三景の一つ。
   五大堂は坂上田村麻呂が東征の祈りに建立し、後に慈覚大師が
   五大明王像を安置したことから五大堂と呼ばれるようになった
   そうです。上部に干支が彫られており、みんな自分の干支を見つ
   けてお祈りしました。
   H27.11親睦旅行⑰.jpg


  そのあとは、お土産屋さんに立ち寄り、仙台駅→東京駅→羽田空港→
  高松空港と移動し、22時前に高松空港ロビーにて解散しました。
 


今回の親睦旅行でも普段では経験することの出来ない貴重な体験や、様々な勉強をすることが出来ました。
また今年以降も、多くの方々のご参加のもと、意義深い親睦旅行が開催されます様に・・。

最後になりましたが、お世話になりました、多方面に渡りお気遣いいただいた旅行会社の担当者さん、安全運転をしていただいたバスの運転手さん、車内を盛り上げ又沢山のことを教えていただいたガイドさんには本当にお世話になりました。ありがとうございました!


 はじめ





<<平成27年度高松市美しいまちづくり賞の表彰式が行なわれました | 安全祈願祭 >>